セフレ体験談

岡山PCMAXでセフレになった、セラピストMさんとの1年前の思い出 第一話

髪フェチで、ミディアムの内巻きストレートの髪型が好みの岡山市在住の俺、S。

1年前の冬、出会い系サイトPCMAXで、同じ岡山県でそれにふさわしいセフレ女性を探してたところ、それにピッタリの女性Mさんを見つけた。

好みのピッタリの長さの茶髪で、モデルの前田希美を少しお姉っぽくした感じ。
ちょっと派手だけど、かわいい雰囲気だ。

岡山市在住の紹介文でも、こう書いていた。

自分の性格は話好きで誰とでも仲良くなれる性格で、真面目で落ちついた男性が好み

少し派手な見た目で躊躇しかけたけど髪型がタイプだったし、仲良くなれると信じてMさんにメッセージを送りました。

そして、そのMさんから返事がきてやりとりが始まっていきました。

Mさんは岡山の女性専門マッサージ店のセラピスト

Mさんは当時年齢26歳で身長155センチでCカップ普通体型。

職業は女性専門マッサージ店のセラピスト。
水曜日と日曜日が休みとの事でした。

現在は岡山市在住で豊浜町のアパートで1人暮らしですが、実家は美作市の方だとの事でした。

趣味はネイルと言ってましたが、趣味とか教えてくれたらわりと何でも興味を持つと言ってましたね。

それに対し、俺はコブクロやプロ野球のソフトバンクホークスが好きだと伝えると、

「コブクロ聴いてて落ち着きますよね。桜、蕾、流星、永遠にともに、未来良いですよね~。ソフトバンク柳田選手や松田選手、千賀投手知ってますよ。あと何とかキャノン(甲斐拓也の甲斐キャノン)で話題になった人誰でしたっけ?日本シリーズ凄かったですよね。」

と俺の趣味にも興味を示してくれそうな感じで返してくれました。

そして、俺は髪フェチで、女性とエッチする時に最初に女性の髪をくしやスプレーできれいにといて自分好みにしてからエッチの流れにもっていってる事をSさんに伝えると、

「私エッチでそういうのはまだないです。でもなんか興味あるかも。美容院とかで髪触られるの落ち着きますし、お願いします~」

と言ってくれて、俺も、

「ほんと?なら今度くしやスプレー持って行くから会ったときやらせてもらうね」

みたいな感じで返事をした。

Mさんも俺とのエッチに前向きだったため、そこから徐々に意気投合した。

それからPCMAX内でのやりとりからLINE交換。

MさんとPCMAXで知り合ってから約2週間後の土曜日夕方、Mさんと浜野の大阪王将で待ち合わせ、そこでごはんを食べました。

岡山のMさんとデートで会話を楽しむ。その後は…

Mさんとはまずは趣味や日常の事について話しました。

Mさんはやや派手な見た目とは裏腹に、サイト内でのやりとりやLINEでもそうでしたが、礼儀正しく話す時も俺に敬語だったのが印象的でしたね。

ただ、全然堅苦しさはなく、にこやかで愛想も良く、自ら率先していろいろ話してくれてわりとすぐ楽になりました。

そして、高校時代はバスケ部で、そこで知り合った2歳年上の彼氏が名古屋に住んでて遠距離状態なんだそうです。

遠距離恋愛の寂しさを埋めるために、PCMAXに登録したと言ってましたね。

そして、大阪王将でごはん食べてからMさんが住んでるアパートへ。

Mさんとデート後は、髪の毛をとかして初セックスの準備

アパートへはMさんが徒歩で来るため、俺がMさんを車に乗せてナビしてもらって行く事に。

Mさんのアパートはわりとすぐでしたが、車の中でコブクロ流してた事もあり、

「コブクロ流れてますね~。LINEでもコブクロ好きって言ってましたもんね」

とちょっとだけコブクロトークしたのを覚えています。
部屋に入るとMさんが気を利かせてお茶とお菓子を出してくれて、

「どうぞ」
「ありがとう」

と軽く言い合ってからMさんが、

「そういえば髪フェチって言ってましたよね?LINEで言ってたくしとかスプレー持ってきたんですか?」
「うん、持ってきたよ」

ヘアブラシ

と言ってロールブラシといち髪見せると、

「あ、ほんとだ。」

いち髪スプレーの匂いを嗅ぎ、
「いち髪良い匂いしますね~。してもらうの楽しみになってきた。じゃあやります?」

と言い、Mさんとの初エッチがスタートしました。
俺は、

「じゃあMちゃんの髪からとかせてもらうね」

と言い、Mさんは、

「はい!お願いしま~す」

部屋を薄暗くして、俺はMさんの髪からといていきました。

Aさんといよいよセックス開始。会話も弾みます

Mさんの髪をときながら話をします。

「Mちゃんの髪さらさらだね。明るい髪色だけどきれいに染まってるし」
「ほんとですか~?私の髪猫っ毛で結構傷んでるしすぐ絡むんですよ~」
「そうなんだ。でも結構ときやすいしMちゃんの髪型ほんと好み」
「ありがとうございます~」

そして、ある程度Mさんの髪をとき終わり、きれいにといたMさんの髪を顔をうずめたりしながら

「この顔をうずめた時のくすぐったい感じ好きなんだ」
「ウフフ。なんか分かります。もう私の髪うねりとか特に気になるところとかない?」
「大丈夫だよ。良い感じ」
「良かったです。ありがとうございます~」

といった会話をしたのを今でも覚えています。
そして、女性のおっぱいを触りながら、

「Mちゃん髪も艶やかだけど胸も良いね」
「ウフフ。ありがとうございます」

と言い、そこからMさんは俺の胸や腕などを触り、

「がっしりしてますね。背も高いですし何センチあります?」
「180近くあるよ」
「ですよね~。会った時から私の身長が顎の辺りでしたもんね~」

と言い、俺の顔を見てはにかみ笑いし、そこからMさんとキスしました。

そこから俺はMさんの髪に何度も触れたり、時折腕やら膝やらに頬擦りするように触れたりしながら、

「Mちゃん腕とか膝ツルツルだし柔らかくて触り心地良い。」
「ありがとうございます。でも膝とかツルツルですよね?」
「俺が?」
「はい!男の人でこんなツルツルな人珍しいです~」

と言い、そこからMさんは俺の膝や腕などを微笑みながら優しく撫でてきました。

Mさんとのエッチはあまりプレイ中に話しかけられたりとか、そこまでベタベタした感じではありませんでした。

Mさんのやや派手めな見た目とギャップがあるかのような、柔らかいガツガツしてない雰囲気だけで俺はもうムラムラでした。

そうしていくうちに俺のチンチンはガマン汁まみれになり、そこから俺はMさんを押し倒してMさんのアソコにチンチンを挿入。

そこからまたキスしたり髪に触れたり腕に頬擦りしながらお互い感度を高め合っていき、

「出すよ」
「うん」

のお互いの一言で女性のアソコに向けてフィニッシュしました。

サラサラヘアのMさんとセフレになった

フィニッシュ後はMさんが俺に、

「髪といてもらうの初めてでドキドキでした~。いろいろ持ってるんですね~」

と言われ、そこからしばらく女性の髪型に関するトークで盛り上がりました。

「あ、ちなみに私女性専門マッサージ店でマッサージしてるんですよ~。男の人でも大丈夫だからしてあげようか?」

と敬語とタメ口混じりで言ってきたので

「ほんと?ならお願いしようかな」

と言ってMさんにマッサージしてもらいました。

フィニッシュした後とはいえ、若い女性に柔らかい手触りで体に触れられるだけでもう最高でしたね。

時々痛がる素振りを見せた時は、

「ここリンパが発達してるから我慢してな~」

と微笑みながら言い、俺がくすぐったそうな素振りを見せると、

「でもたしかにここくすぐったいですよね~」

とまたMさんは笑いながら言ってて約15分間和気あいあいムードでMさんにマッサージしてもらいました。

それからまたMさんとジュース飲みながら雑談し、深夜になってから俺は帰宅しました。

今日はありがとうございました。初対面とは思えないほど楽しかったです~。今度はコブクロの話もたくさん聞かせてください。ではおやすみなさい

帰宅後にLINEが届き、俺も同様の返信してMさんとセフレになりました。
またLINEでやりとり重ねて、次も会ってエッチする事になりました。