セフレ体験談

岡山PCMAXでセフレになった、セラピストMさんとの1年前の思い出 第四話

ちょっと派手めだけど雰囲気が柔らかく話し上手。
そんな、まえのん(前田希美)似の女性専門マッサージ店セラピストのMさん。

セフレになって、3度目のエッチをしてから1週間後の事でした。

Mさんから、下記の内容のLINEがきました。

こんばんは。突然でごめんなさい。私3月の下旬から彼氏が住んでる名古屋に行く事になって、あと1ヶ月ちょっとで仕事も辞めて岡山を出る事になりました。それまでは岡山にいるので、あと何回会えるか分かりませんが、少しの間だけよろしくお願いします

俺も返信をします。

こんばんは。そうなんだね。そしたらあとちょっとで会えなくなるから寂しいけど、あと1ヶ月ちょいよろしくね

少しショックでしたが、誠意は十分伝わってきたのですぐに受け入れる事はできました。

岡山から去るMさんとコリアンディナーデート

Mさんと、次はいつ会えるかについて話し合いました。

そして3度目のエッチから2週間後の土曜日夜、今度は豊成の『コリアンダイナー陽』という韓国居酒屋で待ち合わせ、そこで会う事になりました。

Mさんと店の前で会い、店内に入って料理を頼み、しばらくして前菜とビールが出てきてから乾杯。

「こないだはLINEでいきなり驚かせてごめんなさい。あと少しになりますけど、よろしくお願いします~」
「うん、あとちょっとだけどよろしく。Mちゃんにはいつも楽しませてもらってるしほんとありがとう」

Mさんと俺は握手しました。

「私その彼氏と高校の部活で知り合ってから付き合ってるんですよぉ。で、大学は岡山の大学でそれを追うように私も専門と同時に美作から岡山に出てきて、彼氏も仕事も岡山の会社に就職したんですけど、3年目に名古屋に転勤になってそれからは遠距離になって、で、今回それを追うように私も彼氏のいる名古屋に行く事になったんですよ~」

とMさんは話し始め、俺はただただうんうんとうなずくように聞きました。

「今その彼氏と結婚は考えてるの?」
「うん、実は(俺と)何回か会ってる間に彼氏が岡山に来てくれてその時にプロポーズされたんですよ~。で、私もお願いしますと返事して、それで今回結婚の準備って事で名古屋で同棲から始める事になったんですよ~。仕事は名古屋に住んで落ち着いてから探そうかなってところですかねぇ」
「そっか。まあMちゃんと会えなくなるのは寂しいけど正直に言ってくれてありがとね。じゃあまだ結婚はしてない事になるけど、婚約おめでとう」
「ありがとうございます。では(俺とは)少しになるけどお願いします~」

Mさんは改めて軽くお辞儀してきました。

韓国料理

ヘアスタイルを変えたセフレMさん

Mさんが名古屋に移住する話は落ち着いたころです。
ヘアスタイルを変えたという話になりました。

「そうそう、私髪少し切ってトリートメントして根元を少し明るくしたんですよぉ~。どうですか~?」
「そういえば会った時から髪少し短くなってツルツルな感じだなって思ってた。似合ってるし良いんじゃない?」
「良かったです。あと前髪もちょっとだけ切ったよ~。いろいろしてもらって今回は1万ちょっとでした」

前髪ちょっと切ったよ~の、まれに見せるMさんのタメ口が可愛く感じました。

そこからまた韓国料理を食べたり酒を呑みながらいろいろ雑談。

普段はLINEで次の日取りを決めるのですが、俺はもしかしたら今日が最後では?という不安もあり、次回の予定を打診します。

「次あと1回くらい会えそうかな?」
「来週土曜とかどうですか~?再来週は引っ越しの順もあるんで来週でしたら大丈夫ですよ~」
「来週土曜日大丈夫だよ。来週にする?」
「はい、じゃあ来週お願いします~。でしたらあと1回会えますね~」

その場で5度目の日取りが決まりました。

あと1回の可能性にかけて、今回はホワイトデーや惜別のプレゼントも用意していなかったので内心ほっとしました。

そして、飲んだあとは徒歩でMさんのアパートへ。

「酒結構強いですね~。呑んでもあまり変わった感じしてないですし」
「Mちゃんもあんまり変わった感じじゃないから強いんじゃない?」
「ほんとですか~?これでも私酒はそんなに強くないんですよぉ~」

と言い、お互い目を見合って笑いました。

セフレMさんとのセックスデートもあと2回

Mさんのアパートに着き、部屋に入って少し雑談しました。
そしてMさんとの4回目のエッチが始まります。

「じゃあ今日入れてあと2回ですね。では今日もいち髪とブラシお願いします。私もマッサージするね」

まず俺がMの髪をさっきのロールブラシやいち髪のスプレーなどを使ってといていくところから始まります。

「今日私の髪といてみてどうかなぁ?絡みにくくなったと思うんですけど~」
「うん、くしがスッと入っていく感じだね。髪もツルツルだし、明るい部屋でちょっと見たけど色もきれいに染まってるね」

片手でMさんの肩にそっと触れ、もう片手でMさんのその髪を優しくそっと撫でました。

「ありがとうございます~。褒めてもらって良かったです~」

そこから俺は、Mさんの髪が後ろで1つに結べるか手でまとめてから、

「この長さなら後ろでも十分結べるね。俺、肩くらいで後ろで結べる長さが好きなんだ」
「ここもこだわりあるんですね~。私もこの長さが一番手入れも楽なんで、ずっとこの長さですよ~」

ある程度Mさんの髪をとき終わり、Mさんの髪に顔をうずめてくすぐったい感触を味わいます。

「やっぱりトリートメントするとツルツルだね。触り心地ほんと良いな~。」

こう俺が言うとMさんは、「ありがとうございます~」と言ってウフフと笑ってました。

「マッサージしようか?」

時折見せるタメ口で俺に言います。

「うん、じゃあよろしくね」

今回はMさんは俺をうつぶせにして俺のふくらはぎから始めました。

「前から思ってたけど足ツルツルですね~」
「ありがとう。たまに言われる」
「ですよね~。男の人でこんなツルツルな人あまり見た事ないです~」

そこからMさんはエロマッサージ店のセラピストであるかのように俺のチンチン付近をやらしい感じで揉み始めました。

さらにはその時にはMさんの髪が俺の太ももに当たり、そのくすぐったさもあってうつぶせの時から俺のチンチンはもうすでに元気になってましたね。

そして、そこからMさんはうつぶせになってる俺の横に寝そべってきて、そこから俺を見つめながら俺の腕をマッサージ。

もう一度目が合うと、そこからお互い顔を近づけてMさんとキスしました。

そした、今度はMさんは俺を仰向けにしてその上から肩を揉んできて、そこからまた仰向け状態の俺に優しくキスしてきました。

Mさんは言葉ではあまりセクシーな言葉は使ってきませんが、マッサージの時に見せるやらしさにもう俺はメロメロ。

ほんとに女性専門マッサージ店のセラピストなんだよね?
エロ系風俗マッサージ店のセラピストのような印象受けるけどほんとに違うんだよね?

そう疑ってしまうほどMさんのマッサージ時の仕草はエロく感じました。

そうしていくうちに俺のチンチンはガマン汁まみれ。
もう大丈夫と思ってたタイミングで俺はMさんを押し倒し、Mさんのアソコにチンチンを挿入。

「出すよ」
「うん」

のお互いの一言でMさんのアソコに向けてフィニッシュしました。

セックスデートもあと1回。セフレのMさんの部屋に泊まった

「今日も楽しかったです~。会うのもあと1回ですし、今日は酒も呑んでるので良かったらうちに泊まる?」
「良いの?じゃあ言葉に甘えて」

この日はMさんのアパートに1泊しました。

そして、翌朝また玄関前でMさんの髪を軽く整えてからキスし、コブクロの拳叩き腕クロスの儀式をしてから俺は帰宅しました。

Mさんとのエッチはあと1回になったけど、最後は悔い残さないようお互い笑顔で終わろうと心に誓います。

来週の土曜、Mさんと最後のエッチを迎える事になりました。