セフレ体験談

岡山PCMAXでセフレになった、セラピストMさんとの1年前の思い出 第三話

ちょっと派手めだけど雰囲気が柔らかく話し上手…。
そんな、まえのん(前田希美)似の女性専門マッサージ店セラピストのセフレMさん。

日曜の夜2度目のデート、エッチをしてから約1週間後、俺の方から連絡してみました。

「次の土曜か日曜会いたいけどどう?」
「こんにちは。次の休みは友達と会う予定なんですよぉ~。その次の週はどうですか?」

その日もちょうど空いてたので、2度目のエッチから3週間後の金曜日夜にMさんと会う事になりました。

岡山在住のセフレセラピストMさんとラーメンデート

Mさんが名古屋に彼氏がいるせいもあるのか?

やはりLINEでのやりとりは、次の予定とか業務的な内容程度で、それ以上ベタベタしない感じでしたね。

まずMさんのアパートにMさんを呼びに行きます。
アパートの駐車場に車を止めてそこから歩いて、新福の『はやたろう』というラーメン屋でごはんを食べる事になりました。

ラーメンを注文してくるまで待ってる時、Mさんが、

「見て見て~。私こないだネイル変えたんですよぉ~。どうですか~?」
「ほんとだ。似合ってるね。前より明るい感じだね。職場はネイルOKなんだね」

新しいネイル

「はい!私の職場ネイルOKなんですよぉ~。私の職場に安室奈美恵好きな人いるんですけど~、秋に安室奈美恵が引退したじゃないですか~。その時に安室ちゃん仕様のネイルしてましたよ~」

やはりMさんが率先して話します。

「こないだ友達と会ったんですけどぉ、友達の彼氏が浮気したらしくて、それで別れ話しになったらしいんですけど~、結局彼氏が謝って別れなかったんですけど、でもまだ彼氏が信じれなくて悩んでてって話してました」

こんな話もしてましたね。

それに関しては俺はMさんの話を聞く事しかできず、あまり自分の意見とかは言えませんでしたね。
そして、はやたろうでラーメン食べてからMさんのアパートへ。

部屋に入るとMさんが、

「先週バレンタインだったじゃないですかぁ~。で、遅くなったけどこれ食べてください」

と言ってチョコくれました。
一切話が出なかったし、密かに期待しつつも無理だろうと思ってたので、もらえた時は嬉しかったですね。

「ありがとう。持って帰って食べよう」
「いえいえ、どうぞどうぞ」

そんな感じでMさんからのバレンタインチョコは家に持ち帰って食べる事にしました。

それからまたMさんがコーヒー出してくれて雑談。

「そろそろ蛙が出る時期じゃないですかぁ。で、私蛙が嫌いなんですよぉ~。私美作の田舎が実家で、周りは田んぼが多かったからそこでは必ず蛙を見かけてたんですよぉ~。やだやだ。蛙とかは大丈夫です?」
「俺は蛙は一応大丈夫だけど、でも小さい時捕まえたらおしっこされた事あったな~。あとたしかにぬるぬるしてるってのはあるね」
「ですよね~」

みたいな会話をしました。

雑談してちょっとしてから俺は、いつも通りいち髪とロールブラシを取り出します。

「あ、今日も安定のいち髪とブラシがありますねぇ~。さらに前回はコブクロの拳と腕叩くのが出ましたね~。またする?」

俺はアハハと笑いながらMさんに応じ、コブクロの拳叩いて腕クロスさせるルーティーンをしました。

「じゃあお願いしま~す」

と言い、Mさんとの3回目のエッチが始まりました。

3度目のセックスデートも髪をとかすところから始まります

3度目のエッチも、まず俺がMの髪をさっきのロールブラシやいち髪のスプレーなどを使ってといていくところから始まります。

Mさんの髪をといてると、

「いち髪やっぱり良い匂いしますね~。これ和草ですよね?他にも種類あった?」
「覚えてないけど、たしか俺が買った時は2種類ほどあったかな」
「そうですか~。私もいち髪買ってみようかな」

みたいな感じで、やはりプレイ中でもMさんは話しかけてきましたね(笑)。

あとMさんの髪をといてる時に少し髪が絡むと、

「髪時々絡みますよね。最近ほんと傷み激しいんですよ~。なので今度美容院行こうかなと思ってるんですよ~」
「でもちょっとといたら絡まんくなったよ。どのくらい切るの?」
「切るのは5センチくらいなんですけど、髪少し明るくしてトリートメントします」

そして、ある程度Mさんの髪をとき終わり、Mさんの髪に顔をうずめてくすぐったい感触を味わいます。

Mさんはウフフみたいな感じで照れくさそうに笑ってました。

そこから俺はMさんの膝をコソコソとこそばすと、Mさんは苦笑い。

「もぉ~私これほんと弱いんですよぉ~」と言って、仕返しとばかりに俺の脇腹をくすぐってきます。
俺がピクッと反応すると、

「ウフフ、くすぐったいですよね~、前やったら反応可愛かったんでやってみました」

Mさんは俺の腕に両手で触れてきてまたウフフと笑い、そこからMさんとキスしました。

「良かったらまたマッサージしてほしいな。気持ち良かったから」
「良いですよ~」

「良ければ、これからは俺がMちゃんの髪といた後でマッサージの流れでも良いかな?」
「良いですね~。髪といてマッサージのエッチ。じゃあそれでいきたいと思います」

笑顔で言い、そこからMさんは俺をうつぶせ状態にしてまず俺の肩から揉んでいきました。

そしてマッサージしてもらいながら時々痛かったりくすぐったかったりすると、

「あ、ごめんなさい。大丈夫ですか~?」
「ウフフ。ここ私も弱いんで分かります」
などと言ってました。

Mさんのマッサージテクに悶絶

Mさんは時折、女性専門マッサージ店ではなくエロ系のマッサージ店で働いてるんじゃね?と疑ってしまうような感じです。

至近距離から肩揉んだり、自ら自分の髪をスリスリしてくるくらいな感じで腰を揉んだりしてきたりました。

そういうきわどい系マッサージに、うつぶせ状態でももう俺のチンチンはムラムラ。

俺を仰向けにしてきてから俺の腕を揉み、そこから俺と目が合うと俺は興奮のあまりかMさんに何も言わず近づき、そこからMさんとキスしました。

そして、そこからまたマッサージを続けるMさんの髪を仰向け状態のまま撫で、またMさんとキス。

そうしていくうちに俺のチンチンはガマン汁まみれです。

「マッサージはもう大丈夫だよ。ありがとう」

みたいなジェスチャーをしてMさんを押し倒し、Mさんのアソコにチンチンを挿入。
そこからまたキスしたり髪に触れたりし、そして、

「出すよ」
「うん」

のお互いの一言でMさんのアソコに向けてフィニッシュしました。

フィニッシュ後はMさんとお喋りします。

「今日も楽しかったです~。髪といてもらってマッサージ今までなかったけど良いですねぇ」
「俺も楽しかった。マッサージ至近距離でドキドキだったよ」
「ありがとうございます」

お互い笑い合いながら和気あいあいと過ごしていたら、深夜になりました。

「チョコありがとう」

と言ってまた玄関前でMさんの髪を軽く整えてからキスし、コブクロの拳叩き腕クロスの儀式をしてから俺は帰宅しました。

Mさんの髪ときからマッサージしてもらう今までにないエッチが定着し、次もそのエッチに期待が膨らむ俺でした。